CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
Summer in NY

8月25日、日曜日。

 

朝7時頃、ホテルからすぐのところにあるベーグル屋に朝食を買いに行きました。

 

事前に美味しいベーグルの店をリサーチしたら偶然ホテルの近くにこの店が。

平日の朝は出勤前の人たちで賑わっているらしいです。

この日は日曜日なので空いていました。

 

LIBERTY BAGELS MIDTOWN  

ホームページの写真を見て

「ブレックファーストエッグサンドイッチ」をオーダーしたら、

チーズとベーコンはオプションだったらしく、ホテルで包みを開けたら

エッグオンリーのベーグルサンドが5つ入ってました。OMG!!

まあでも美味しかったです。ヘーゼルナッツコーヒーも美味しかった。

 

長女だけこんなNYっぽいレインボーカラーをオーダー。映えます。

 

 

この日はホテルの目の前の、青のラインの地下鉄の駅、ペンステーションから

自然史博物館に行くべく、地下鉄の階段を降りたのですが・・・

 

ロンドンの地下鉄に乗った時も遭遇したのですが、

券売機に「お釣りがないのでコインしか使えません」という表示が出ている。

クレジットカードで買おうと操作してもうまくいかない。

 

しょうがないので地上に上がったところがにあったドラッグストアでお菓子を買って

「お釣りを10ドル分コインで下さい!」とわがままを聞いてもらって

やっと5人分の切符を買う事ができました。

 

やれやれとホームで電車を待っていたら、

電車を待っていた駅のホームで突然若者のラップが始まった!

これが例のNY名物の! でも子供達は固まってました(笑)       

 

そうこうしてる内に電車が来て乗ったのですが、

これがまた、なぜか降りる予定の駅を通過してしまった!!

突然にも各駅停車の電車が急行に変わったのか、間違って急行に乗ったのか?

仕方なく次で下車し、すぐ反対の電車に乗って・・・

 

無事に、自然史博物館の駅に到着しました。

 

可愛い壁。

 

映画「ナイトミュージアム」でお馴染みのアメリカ自然史博物館。

 

セオドアルーズベルトが先住民のインディアンと黒人の奴隷を引き連れて

馬にまたがっている像がお出迎えしてくれます。

 

こちらの博物館もチケットは事前購入しておきました。

どんな順路で回ろうか計画中。

 

 

インディアンの展示がすごくたくさんありました。さすがUSA。

 

 

ナイトミュージアムの人気者も居ました。

 

この子も。

 

動物の剥製、恐竜の化石や骨格、インディアンの文化の展示が濃かったです。

 

来た時の駅からまた地下鉄に乗りまして、

今度はダウンタウン方面へビューンと下って・・・

 

やって来ましたブルックリン。

駅から、景色のいい公園まで歩きます。

 

 

ブルックリンブリッジとマンハッタンが一望できました。

とっても気持ちのいい公園。観光船の乗り場もありました。

 

朝に買ったベーグルがデカすぎて食べられなかったので持ってきました。

絞りたてのレモネードなんかも買ってゆっくり休憩しました。

 

息子はこの後昼寝をしてしまいました。この時間日本は真夜中だからね。

 

そのあとはまた、ブルックリンからマンハッタンへ地下鉄で戻ったのですが

ホテルのあるエリアへ帰る手前にあるチェルシー地区で下車しました。

 

チェルシーからもうちょっと南の方に歩くと、

ベルベッツとウォーホルがライブをやったクラブがあったエリアらいしいです。

想像するだけでシビれます。

今回は行きませんでしたが・・・

 

 

ここ数年話題になっているという「チェルシーマーケット」へ行ってみました。

 

お菓子の工場をリノベーションした建物の中にいろんなお店が入ってて

すごく活気がありました。なんかカッコ良かったです。

ていうかめちゃ混んでた!

 

人気店「ロスタコス」でタコス食べたかったけど、

めっちゃ長蛇の列だったので諦めました。

 

雑貨屋さんもいろいろかわいい店があって買い物も楽しかったです。

 

チェルシーマーケットからは「ハイライン」という

これまた最近、廃線になった電車の高架を緑豊かな遊歩道にリノベしたという

話題の道を通ってホテルまで歩いてみることにしました。

 

ハイラインに入り損ねて、上に上がる階段を探して迷い中。

工事現場の囲いがカッコイイ。

 

無事に「ハイライン」に上がれたと思ったらすごい人!

遊歩道にこんなに人がいるなんてみんなヘルシー。

 

植物がたくさん植えられていて、所々にベンチもあります。

気持ちいい・・・けど私たちは朝から歩き詰めで足が痛い。

 

歩きながらいろんな建築が見られます。

こちらは最近亡くなった、ザハハティド氏が設計した建物。

(今工事してる東京の国立競技場のデザインで最初に名前が挙がった人、覚えてる?)

 

ハイラインの北の端は、

出来たばかりの「ハドソンヤード」という商業施設の入った高層ビル(後ろのビル)。

 

ハドソンヤードを抜けてホテル方面へ向かう途中も、

こんな現代的な奇抜なデザインのビルがあったり、

 

かと思えばその隣にすごーく古そうなビルがあったり、面白いです。

 

管むき出し。

 

我らが滞在したホテルが見えてきました。「NEW YORKER」。

アール・デコ調のレトロな感じが私は気に入りました。

 

カップルがkiss!

 

疲れた〜! いっぱい歩いた!

この日も1階の、昨日と同じダイナーで夜ご飯を食べました。

分厚いNYステーキもいただきました!

| 旅行 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Summer in NY

8月24日土曜日。

 

「スパイダーマン/ホームカミング」で縦に真っ二つになった、

スタティンアイランドフェリーに乗るため

ホテルから少し歩いて地下鉄の赤のラインのペンステーション駅に行ったら、

駅に降りる階段の入り口に不吉な黄色いテープがっ・・・

 

この駅が今日は封鎖なのかな? と思い、一つ先の駅まで歩くと

またまた黄色いテープが・・・

 

なにやら張り紙がしてあったので読んでみたところ、

赤のライン自体がこの日は運休らしい。

 

このラインに乗ってマンハッタンの先端のフェリー乗り場まで行きたいのに!

カバンから地下鉄の路線図を出してどうしようか見ていたら、

「やあお前たちどうしたんだい?」みたいな感じで

黒人のおじさんが近づいてきました。

 

「ダウンタウンに行きたいのか?だったらあっちに別の駅があるから

 そっちのラインからもいけるぞ! ほらあっちあっち!」と。

 

ホントかよって思ったけどまあ従うか、

と「サンキュー!」とか言ってお別れしたら、

なぜか別れ際に、おじさんが手に持っていたお花をくれました。

今から観光なんだけど・・・

 

しばらく歩くと花問屋街でした。さっきの花は盗んだやつ?拾ったやつ?

 

意外と古いタイプな地下鉄の改札口。入場バーより背が低ければ無料。らしい。

それ以上の身長の人は、距離に関係なく一律3ドル。チャージ式だとも少し安い。

 

 

NYでやっと地下鉄に初乗車。黄色のライン28丁目駅より。

例の花を手に持つ長女(笑)

 

ブルックリンに渡る一歩手前の駅で下車し地上に出ると、

目の前にフェリーのターミナルの入り口が! ありがとね黒人のお節介なおじさん!

お花はフェリーのターミナルのトイレにそっと置いてきました。

 

スタティンアイランドへ渡るこのフェリーはなんと無料なのです。

しかも24時間やっている。私たちは8時に乗船しました。

NY滞在時間が短い私たちには、時間を有効活用できるので有難いです。

 

観光船ではないので自由の女神にはそんなに近づかないんだけど十分です。

すっごく涼しかった、というかむしろ寒かったです。

 

右側がマンハッタンの摩天楼群。左側はニュージャージー州。らしい。

 

スパイダーマンで使われたのは、この写真に写ってる車も載せる大型タイプ。

私たちが乗ったのは車を載せないもう少し小型のやつでした。

スタティン島に着いたらすぐに反対のやつに乗ってマンハッタンへ戻りました。

 

フェリー乗り場から次の目的地へ歩いているとなんだか人だかりが。

 

触ると金運がアップする牛さんだそうです。

 

イサム・ノグチ「レッドキューブ」。緊張感のある佇まい。

 

イサム・ノグチ「水上庭園」。静謐感のある佇まい。

 

これはなんだろう?とガイドブックを見ていると、

通りがかりのニューヨーカーが「撮ってあげるよ!」と。あー写真下手すぎ。

 

ここからすぐ近くの地下鉄の駅 Flton より、

緑のラインの地下鉄に乗って86丁目駅まで北上しました。

お天気が最高な中アッパーイーストサイドを闊歩しつつ到着。

 

グッゲンハイム美術館。世界遺産。FLWの遺作です。やっと来れた! 感激!

 

美術館の前のスナックスタンドでホットドックを買って腹ごしらえ。

入場券は日本で購入してバウチャーをiPadにダウンロードしといたので

お兄さんがバーコードをピッとするだけなのでスムーズでした。

 

思った以上に塀が低い上にツルツルで、落ちそうで怖かったです。

映画「メンインブラック」ではウィルスミスが走り回ってました。

外の窓を見て息子が「ウィルスミスが割って侵入した窓だ!!」と興奮してました。

 

 

お土産に渦巻きデザインのマグカップを二つ買いました。

毎朝コーヒーを飲むときにこの旅の事を思い出せるように。

 

グッゲンハイム美術館からセントラルパーク沿いに南へ歩くこと数分・・・

 

メトロポリタン美術館到着。

夕方のみんなのうたの時間、大貫妙子のあの歌、不気味だったけど好きだったな。

こちらもチケットは事前購入でバウチャーをピッでした。

 

娘の期末テストの時一緒に勉強したエジプト文明の象形文字!本物!

 

FLWの建築の内の一部屋だけを移築再現した部屋。賛否両論あり。

そこの風土をもとにデザインされるんだからここに一部屋あってもね、ってこと。

 

まさに、今回の旅の目的がそれ。

 

20世紀の近代建築が、100年ほど経って老朽化が進んだり時代と合わなくなって、

これからどんどん淘汰され取り壊されて建て替えられて行くんじゃないか?

(もうすでにMOMAは大掛かりな改修工事に入ってしまった。)

じゃあその前に今あるものをちゃんと見ておこう、せめて自分たちの子供には

自分たちがいいと思っているものを見せて、素晴らしさを伝えて

この先も、それらを大切にする気持ちを受け継いで欲しい。と思っている。

日本の中にも壊して欲しくない建物がたくさん!)

 

 

 

 

 

 

 

メトロポリタン美術館、広すぎなのと時差ボケで子供達はクタクタ・・・

地下のカフェテリアで遅めの昼を食べて再出発!

 

快晴のセントラルパークの散歩は気持ち良すぎました。

芝生ではカップルが日光浴しながら本を読んでいたり、

若い女の子が一人でヨガをやっていたりと、

日本より大人率が高いように感じました。

都会だからかな?

 

屋台でみんなでアイスを買いました。1つ$4。高くない?

 

 

子供達の大好きな映画「マダガスカル」に出てくるセントラルパーク動物園。

映画の最初の方にこの動物園の門も登場します。

 

セントラルパークを抜けてそのまま5番街をダウンタウン方面へ・・・

 

トランプタワーもそびえ立っていました。

トランプさんをディスっているお土産やオブジェを結構見ました。

 

MOMAは10月末にリニューアルオープンだそうです。

 

しばらく歩いてロックフェラーセンターにある

FAOシュワルツというおもちゃ屋に到着。

映画「ホームアローン2」に出てくるあの。(あの当時と場所は異なる)

 

最近80`sファッションが大好きな長女は

バービーやカラフルな文具を買ってました。

 

次女は野球が好きなので、ヤンキースのユニフォームを着せたテディを購入。

自分で選んだテディの皮に、その場で「わた」と「ハート」(買う本人がキス

をしお願い事をしたやつ!)を入れて縫い合わせてくれます。

そのあとユニフォームや帽子、グローブや靴も合わせて買ってました。

 

息子は、蜘蛛の脚がうじゃうじゃ動くキモいラジコンを買ってました。

ここから西の方にに数分歩くと・・・

 

 

タイムズスクエア! 人が多すぎ!! ぐちゃぐちゃ!

いつかまたNYに来る機会があったとしても、もうここには来ないかも・・・。

 

80`sファッションラバーの間では、

懐かしのハードロックカフェTシャツがキてるらしく、娘も買ってました。

私が子供の頃うちのお母さんもヘビィウェイトのやつ着てたなー。

息子はギターのピックを買いました。

 

タイムズスクエアから15分ほど歩いてホテルに到着。

たくさん歩いてみんな疲れました。

 

でも子供達はどうしても99セントショップに行きたい! 

という事で荷物を置いて再出発。

 

ホテルから歩いて10分弱のところにある、Jacksという99セントショップと、

Targetというディスカウントスーパーを物色しました。

 

ホテルはエンパイアステートビルと同じ34丁目の通りにありました。

 

ホテルの一階にあった「チックタックダイナー」で夜ご飯を食べることにしました。

ロンドンのホテルの一階にはパブで、NYはダイナーってさすが観光ホテル。

 

娘もTシャツを着替えて、みんな今日はお疲れ様。長い1日でした。

みんなハンバーガーなどを食べました。

 

先ほどTargetで買ったスパイダーマンの人形。

 

ホテルは1930年に建てられた古い建物らしいです。

今はウィンダムグループがホテル事業をやっています。

| 旅行 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Summer in NY!

8月23日金曜日。

中部国際空港16:45発の、

デルタ航空DL94便にてデトロイトへ出発しました。

 

✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈✈

 

約12時間のフライトを終えて、

デトロイトのメトロポリタンカウンティン空港到着。

時差も13時間なので、だいたいセントレアを出発した時間に戻った感じです。

 

ヘルシンキの空港もヨーロッパ各地へのハブ空港だったけど、

こちらもアメリカ各地へのハブ空港らしく巨大でした。

 

遠距離ゲート間は、無人のモノレールで移動できます。

 

開けたスペースでは黒人さんがピアノでジャズを演奏してました!

 

4時間のトランジットを経て20:15の国内線に搭乗し、

2時間弱で最終目的地のニューヨーク、ラガーディア空港に到着!

 

飛行機とホテルはHISで頼んだので、

空港にはHISの人がデカいアメ車で迎えに来てくれました。

旅行会社に空港へ迎えに来てもらうパターンは初めてだったんだけど、

夜遅いしみんなクタクタだったのですっごく楽で良かった!

 

夜のクイーンズの街を抜けてマンハッタン島へ・・・

 

8番街と34丁目の角にあるホテルに到着。

セントレアでレンタルしたWIFIのバッテリーの充電が「無」で驚く主人。

 

小腹が空いていたので、

ホテルの前にあるピザ屋でテイクアウトして部屋で食べました。

おやすみなさい・・・

| 旅行 | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trip to Tochigi

栃木からの・・・

 

なぜか帰りは東京の新大久保へ・・・

 

若い子の間で今また韓国が流行ってて、

長女(小6です)に韓国に連れてって欲しいって何度かお願いされたけど、

どうしても、飛行機に乗って行くほどの興味が湧かずウヤムヤにしていたら

ついに「新大久保でもいいから!」と言われ、

まあそこなら栃木の帰りに寄れないこともない、と、相成りまして・・・

 

というか、びっくりするほどそこはまさに韓国だった!(行った事ないけど)

そしてびっくりするほど若い子たちがひしめき合ってました。

 

これを買うのに母は行列に並びました。・・・美味かった。

 

街の中心に、韓国のコスメのデパートみたいのがあるんだけど

欲しいブランドのコスメがあるから一緒に探して欲しいと娘に言われ入店。

店内は若い女の子でごった返してました。ふー。

 

謎のキャラクター。流行ってるって。ほんとか?

 

最後は、これも娘が食べたがっていたチーズタッカルビで締め。

そしてやはり美味い・・・

 

これにて旅の行程は全て終了。

昼過ぎに東京を出て、夕方6時には名古屋で夜ご飯を食べてました。

 

いや〜みなさん、2学期も頑張ってくださいね!

| 旅行 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trip to Tochigi

2日目は、宇都宮から益子へ・・・

 

益子焼窯元共販センター に車を停めて、そこから駅の方に向かって

ブラブラ店を物色しながら向かった先は Moegi 城内坂店

 

なんと、栃木旅行中に、ここのギャラリーで友人がたまたま個展を!

1ケ月くらい前に偶然それを知ってびっくり!

数年ぶりに会えたのが、こんな遠い地だなんてね〜。

 

新婚ハッピーオーラがにじみ出ていた友人と作品ちゃんたちに会えて

とってもほっこりした気分になりました。

 

そして、Moegi さんは、すごく雰囲気のいい素敵なギャラリーでした。

 

駐車場の近くの店でカレーを食べて、お土産を物色したりしました。

食器を選ぶのって本当に楽し〜!! 現地は安い!

 

さてさて、益子と言えば忘れちゃいけないのが「濱田庄司」氏。

 

全国の民芸館を制覇するのが私の密かな目標なのですが、

益子の「濱田庄司記念益子参考館」についに訪れる事が出来ました。

 

栃木には、大谷石で建てられた蔵がよく目に付きますが、ここの蔵もそうでした。

 

 

芹沢げ陲了駑全曚任發修Δ世辰燭韻鼻∪こΔ箙馥發里△舛海舛ら集められた

彼らのお眼鏡に叶った、いろんな生活道具が展示されていました。

濱田氏の美意識を極めた世界が狭く深く広がっていました。

 

 

 

この後、益子から一気に日光へ・・・

 

 

日光東照宮!徳川家康を祀った不思議な場所。

当時の日本のいろんな分野の職人の最高峰の技術を集結させた建築群。

 

いろいろ詰め込まれてて、なんだかバブリー。

外国人観光客がたくさんいました。

 

この後は、まとめてチケットを買ったので、

敷地内の「宝物館」という所に寄って見学して帰りました。

 

 

この日は、東照宮からさらに山の方に10分ほど車を走らせたところにある

ペンションに泊まりました。

 

運転お疲れ様でした。

 

 

| 旅行 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trip to Tochigi

 

朝8時に名古屋を出発して、栃木の大谷資料館に着いたのは14時頃でした。

 

駐車場に着いたらすごい大雨に見舞われましたが

少し待ったら小降りになったので入館・・・

 

フランクロイドライトが帝国ホテルの外内装に使った大谷石ですが、

採掘場の跡がこんな事になってるって事を最近知って

おもしろそ〜!と、はるばるやって来たわけです。

 

いや〜、ホントに巨大な空間が地下に存在してました! 寒かった!

建築のために掘り出した石の、採掘跡がさらに建築空間になってるのが面白いです。

いろんな撮影なんかにもよく使われているみたいです。

 

資料館の外にオサレなカフェ&雑貨屋さんがあったので入ってみました。

お土産を物色してお茶しました。ガレット美味しかった。

 

帰り道、すぐそばの公園に、大谷石の巨大な仏が出現!!

 

合掌。

 

さあ今晩は宇都宮で餃子だ〜!

駅の東側のホテルに宿泊だったので、ホテルから徒歩で宇都宮餃子館へ。

 

しそ味が美味しかった! 家でもやろう。

 

運転お疲れ様でした。

| 旅行 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鳥取

ゴールデンウィーク最終日2日間で鳥取旅行をしました。

 

先月母と妹がバス旅行で「水木しげるロード」に行く予定だったのが

最少催行人数に達しず中止になってしまった、との事で、

私も子供たちをいつか鳥取砂丘に連れていきたいと思っていたので

じゃあGWにみんなで両方行くか!って事になって。

 

 

ゲゲゲの鬼太郎はあんまり知らなかったので、行きの車でDVDを観て予習しました。

 

目玉のおやじは饅頭になってました。

 

水木しげるロードが想像以上に長距離で結構疲れました。

ブロンズ像の数もすごかった! お金あるなぁ。

 

駅前の海鮮丼の店で昼ご飯を食べて、次の目的地へ・・・

 

 

好きな人ならこの裏表紙分かるんだよね?

顔出しパネル的なやつです。

 

私は全然通ってこなかった道ですが、

名探偵コナンの作者、青山剛昌さんも鳥取出身らしく

うちの妹が大ファン、長女がややファンってことで

「青山剛昌ふるさと館」という所に行ってみました。

 

子供たちと妹は、体験型ミュージアムも見学しました。

辺鄙な場所なのに、ここだけすごくたくさんの観光客がいてびっくり!

 

 

この日は、もう少し鳥取砂丘の寄りの、日本海からすぐの温泉旅館に泊まりました。

| 旅行 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関西国際空港着

私たちがヘルシンキから乗った飛行機は

旅行5日目の、朝10時頃関西国際空港へ無事に到着。

 

そう、帰国はセントレア着の便が取れなかったのです(泣)

 

もう1日延泊すればセントレア着便があったのですが、

請けている仕事の都合でどうしても月曜日に帰国しないといけなかったので

旅行代理店に、延泊するのと同じ追加料金を払って

関空着便を取ってもらったのです。

 

 

それでもどうしても行きたかった今回の旅行。

 

自分の好きな音楽やファッションのルーツがロンドンにあると思っているし

いろんなものがミックスされてるけどだれのマネもしていない

パリの若者の現代のサブカルチャーも大好きなので、

どっちの街も若い時に貧乏旅行はしてるんだけど、

普段から両街の旅のガイドブックはベッドサイドに置いてあって、

寝る前にペラペラ見て、子供の心が柔軟な内に家族で行きたいなあ、

でも1週間も休み取れないよな・・・とここ数年思っていました。

 

 

今年、私は40歳になるんだけど、そろそろ人生折り返しだな〜、と。

死ぬまでにやりたい100の事をそろそろやっていかねば、と

去年くらいから思いついて密かに実行しているんだけど、

今回の旅行もその一環といえばそうかな。

 

 

子供たちも今、つかの間の全員小学生期間なので今しかない!と思って

もう「休みが取れない・・・」とか言って諦めるのはやめよう、と

執念で5日間の休みをむりくり見つけて、

じゃあパリ?ロンドン?

 

テーブルのすぐ近くに地球儀や日本地図を置いていて、

いつでも、話題に上がった場所を確認できる様にしてあって、

普段からよく、テレビでやっている国内外の

芸術や文化、仕事、料理などを紹介する番組をいろいろ録画しておいて

休日に家族で見てはあれやこれや会話している我が家ですが、

・・・ロンドンめっちゃ今のうちの家族みんなの

趣味、興味、ムードに合ってるんじゃない?

って気付いて、速攻ネットでツアーを探して即予約しました。

 

 

という事です。

 

 

ちなみに関空から名古屋までは「関空レール&バス特割切符」を利用しました。

 

事前に近鉄名古屋駅でこの↑切符は買ってあって、

空港からのバスが近鉄上本町駅に着いてから、特急券を買い足して

丁度お昼だったのでお弁当を買ってアーバンライナーで帰りました。

 

スーツケースが大小合わせて3つ+5人なので、

名古屋駅からはタクシー2台かな・・・と思ってたら

最新の、トヨタのポルテみたいな形のタクシーが

丁度目の前でお客さんを降ろしていて、

無事そのタクシー1台で家まで帰る事ができました〜。

 

 

日本の中にもまだまだ行ってみたい所が沢山あるので

家族のムードを察知して、いい時期にまた行けたらいいな〜。

| 旅行 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
London Calling ④

今日はホテルの朝食が、時間の都合で頂けないので

昨日買っておいたサンドイッチやパイやタルトを食べました。

 

部屋のヒーターの吹き出し口が丁度上向きでいい高さにあったので

その上にパイやタルトを乗せておいたら良い感じに温まりました。

 

早朝6時にはホテルをチェックアウトしました。

 

 

最後に、2日間のタイトなスケジュールの私たちにっとて

頼もしい存在だったチューブさんと記念撮影。

 

創業当時と同じトンネルを今も使っているから、あんなに狭いんだね。

昨日の交通博物館でいろいろ学びました・・・

 

 

早朝だったけど、スーツケースを持った、空港へ向かう人が結構乗ってました。

 

 

長女は早速マーチンブーツを履いていたのですが、

ヒースローの手荷物検査ではブーツの人はみんな脱がされていました。

中に何か隠し持ってるかも知れないから?

 

 

入国審査も済んで、免税店で最後のお土産タイム。

クレジットカードとポンドを合わせて、ポンドを使い切りました。

 

ヒースロー空港って広い! 

搭乗ゲートがギリギリにしか発表されないのに53番ゲートって遠いよ〜。

 

 

さよならロンドンの街。さよならイングランド。

 

 

この後、乗り継ぎのヘルシンキの空港で1つ期待していた事が・・・

それは免税店で ittala の食器を買う事!

 

家族の人数分、5枚セットで欲しいのがあるんだけど、欲しい色が廃盤で、

もしかしたらと思いこの時まで、別の色を買うのを見送っていたのですが・・・

 

私たちが乗り継ぎに降り立ったターミナルには ittala のお店は無かった(泣)。

おとなしくこちらで別の色を買おうと思います。

| 旅行 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
London Calling ③

1月6日。ホテルで朝食を満腹頂き、1つとなりの駅まで15分程お散歩。

 

ロンドンの横断歩道の渡り方が良くわからない。信号は急に3カウント始まるし!

 

行く途中の小さな公園にも普通にリスが♥ 一生懸命なにかを探している。

 

何だかスゴい建物が見えて来た。

 

セントパンクラス駅。250年くらい前に出来た駅舎だそうで、ビッグベンと同世代。

でも今日のお目当てはお隣の・・・

 

キングスクロス駅! 中に入り奥にずんずん進んでいくと・・・

 

ありました〜! 9と3/4番線プラットフォーム!From ハリーポッター。

10人くらい並んでたかな〜? マフラーは貸してくれます。メガネはパパの。

 

 

このフォトスポットはグッズショップの外でやっているオプションなので、

スタッフのお姉さんが写真を撮ってくれて、ショップの中で購入できます。

別に買わなくてもいいんだけど、せっかくなので記念に買いました。

 

「この魔法使いを見ませんでしたか?」

 

 

駅舎の外に一度出て、地下鉄の「KingsCross/St.Pancras」駅から乗車。

車両に他にだ〜れもいなかったのでパチリ。

 

 

「SouthKensington」で下車して数分歩いた所にある

ロンドン自然史博物館に行きました!

 

こちらの立派な入り口は閉鎖されていて、

東側の小さなエントランスの前に、もうすでに人の列が出来ていました。

10時オープンの20分くらい前でした。

 

 

そうそうこの階段! あの番組↓に出てくるやつ!

 

イギリスの国営放送BBC製作の「Andy`sDinosaurAdventures」

日本でDVD化されていて普通にレンタル屋で借りれるんだけど、

うちの息子が3歳くらいの時から、きょうだいでみんなでよく見てる大好きな番組。

雑なCGと強引なストーリーが、ツッコミ所満載で逆にウケてるみたい。

 

主役のアンディがいつも、タイムトラベル出来るワープ時計の所に向かう時

このホールのあの突き当たりの立派な階段を駆け下りて来るのです。

番組ではいつもこの首長恐竜が映っているのですが・・・

 

今は首長恐竜の骨格ではなくシロナガスクジラ?の骨格が吊られていました。

 

 

この博物館も入場無料だったんだけど、けっこう見応えがあって

次のスケジュールもあるので恐竜コーナー以外は駆け足で見学しました。

 

体験コーナーはスルーせずにはいられない。

 

最後にまたお土産屋さんを物色して、

ホールのベンチで、昨日パブでお持ち帰りした大量のポテトと、

結局持ち帰ったハンバーガーやバナナケーキなどをさくっと食べて

来た駅に戻って次の目的地へ・・・

 

 

 

「CoventGarden」で下車し、ロンドン交通博物館へ。

ロゴの看板と整列用のベルトのピンクがリンクしてておしゃれ!

 

最初、エレベーターで3Fに上がるのですが、

エレベーターの表示が2000年代からどんどん1800年代になっていくのです。

タイムマシーンで200年前のロンドンにタイムスリップするっていう演出。

 

 

馬が引いていた頃の二階建てバスや、

世界中で一番最初に出来たロンドンの地下鉄が、いくつかの時代別に

車両と、中にその時代のファッションをしたマネキンと共に展示してあって

なかなか面白かったです。

 

 

 

今回の旅行では、実際にはダブルデッカーには乗らなかったけど

ここでいろんな時代のやつにたくさん乗れました。

 

ここでも最後にお土産屋さんを物色して

その後博物館の目の前の、コヴェントガーデンを少しウロウロしました。

 

コヴェントガーデンはマーケットスクエアになっていて、

露店や大道芸人も目立ち、名古屋で言ったら大須みたいな感じ?

 

かわいいジェラート屋さんがあったけど寒すぎて食べれなかった。

 

そしてここから5分くらい歩いた所にあるDr.マーチンへ。

 

旅行の少し前に長女が「まま〜マーチンブーツ知ってる?」って質問して来て

「何でそんなの知ってるの!?」って聞いたら

「マーチン風ブーツ」ってのが流行ってて雑誌に載ってて欲しいそうで。

 

じゃあせっかくだからロンドンで買うか! って事になって

 

想像以上に中がお客さんでごった返していました。

よく見ると、ロンドンの町中はマーチンの靴を履いてる人がすごく多いです。

 

結局長女がジュニアの1460の8ホールを、主人が8053の5ホールを買いました。

スキンヘッドのパンクなお姉さん優しかった・・・

 

20年くらい前、私もロンドンのどっかのマーチンで靴を買ったんだけど、

その時も、ピンクの髪をしたパンクなお兄さんが優しかったのを良く覚えてます。

 

 

この後、Marks&Spencer という洒落たスーパーで紅茶をたくさん買って

地下鉄に乗り込みました。

 

昨日パブで早々に息子の電池が切れてしまった事を教訓にし

この日の夕飯はテイクアウトしたものをホテルの部屋で食べる事にしました。

 

 

16時くらいに一度ホテルに帰って荷物を置いて、

ホテルの近くの、今度は Waitrose という素敵なスーパーに行って

お土産をはじめ、食料をいろいろ買い込みました。

 

 

ビールは、ダッチーのが丁度良いサイズだったみたいで。

 

 

ダッチーはチャールズ皇太子の、オーガニックのオリジナルブランドで

Waitrose には、ダッチー× Waitrose の商品がいろいろありました。

どんぐり?みたいなマークが目印。

 

BonneMamanのとろけるプリンみたいのが売ってて思わず買ってしまいました。

塩キャラメル味を買ったんだけど、美味しかった!

 

 

丸っと2日間ロンドンの街をあっち行ったりこっち行ったりして、

私たちなりに存分に楽しみました。

 

 

名残惜しいけど今日の夜は荷物のパッキング作業。

 

息子に自然史博物館で買わされた、動物の解剖模型もスーツケースに納めました。

 

M&S でもWaitrose でもオリジナルの紅茶をおみやげにたくさん買いました。

自分も、それらのお店の紅茶の味見をしてみたかったし、

F&Mとかの高級な紅茶はお土産の定番だけど、日本のデパートで買えるし・・・

 

翌日は朝6時にはチェックアウトする予定。

| 旅行 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>