CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
Trip to Tochigi

栃木からの・・・

 

なぜか帰りは東京の新大久保へ・・・

 

若い子の間で今また韓国が流行ってて、

長女(小6です)に韓国に連れてって欲しいって何度かお願いされたけど、

どうしても、飛行機に乗って行くほどの興味が湧かずウヤムヤにしていたら

ついに「新大久保でもいいから!」と言われ、

まあそこなら栃木の帰りに寄れないこともない、と、相成りまして・・・

 

というか、びっくりするほどそこはまさに韓国だった!(行った事ないけど)

そしてびっくりするほど若い子たちがひしめき合ってました。

 

これを買うのに母は行列に並びました。・・・美味かった。

 

街の中心に、韓国のコスメのデパートみたいのがあるんだけど

欲しいブランドのコスメがあるから一緒に探して欲しいと娘に言われ入店。

店内は若い女の子でごった返してました。ふー。

 

謎のキャラクター。流行ってるって。ほんとか?

 

最後は、これも娘が食べたがっていたチーズタッカルビで締め。

そしてやはり美味い・・・

 

これにて旅の行程は全て終了。

昼過ぎに東京を出て、夕方6時には名古屋で夜ご飯を食べてました。

 

いや〜みなさん、2学期も頑張ってくださいね!

| 旅行 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trip to Tochigi

2日目は、宇都宮から益子へ・・・

 

益子焼窯元共販センター に車を停めて、そこから駅の方に向かって

ブラブラ店を物色しながら向かった先は Moegi 城内坂店

 

なんと、栃木旅行中に、ここのギャラリーで友人がたまたま個展を!

1ケ月くらい前に偶然それを知ってびっくり!

数年ぶりに会えたのが、こんな遠い地だなんてね〜。

 

新婚ハッピーオーラがにじみ出ていた友人と作品ちゃんたちに会えて

とってもほっこりした気分になりました。

 

そして、Moegi さんは、すごく雰囲気のいい素敵なギャラリーでした。

 

駐車場の近くの店でカレーを食べて、お土産を物色したりしました。

食器を選ぶのって本当に楽し〜!! 現地は安い!

 

さてさて、益子と言えば忘れちゃいけないのが「濱田庄司」氏。

 

全国の民芸館を制覇するのが私の密かな目標なのですが、

益子の「濱田庄司記念益子参考館」についに訪れる事が出来ました。

 

栃木には、大谷石で建てられた蔵がよく目に付きますが、ここの蔵もそうでした。

 

 

芹沢げ陲了駑全曚任發修Δ世辰燭韻鼻∪こΔ箙馥發里△舛海舛ら集められた

彼らのお眼鏡に叶った、いろんな生活道具が展示されていました。

濱田氏の美意識を極めた世界が狭く深く広がっていました。

 

 

 

この後、益子から一気に日光へ・・・

 

 

日光東照宮!徳川家康を祀った不思議な場所。

当時の日本のいろんな分野の職人の最高峰の技術を集結させた建築群。

 

いろいろ詰め込まれてて、なんだかバブリー。

外国人観光客がたくさんいました。

 

この後は、まとめてチケットを買ったので、

敷地内の「宝物館」という所に寄って見学して帰りました。

 

 

この日は、東照宮からさらに山の方に10分ほど車を走らせたところにある

ペンションに泊まりました。

 

運転お疲れ様でした。

 

 

| 旅行 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Trip to Tochigi

 

朝8時に名古屋を出発して、栃木の大谷資料館に着いたのは14時頃でした。

 

駐車場に着いたらすごい大雨に見舞われましたが

少し待ったら小降りになったので入館・・・

 

フランクロイドライトが帝国ホテルの外内装に使った大谷石ですが、

採掘場の跡がこんな事になってるって事を最近知って

おもしろそ〜!と、はるばるやって来たわけです。

 

いや〜、ホントに巨大な空間が地下に存在してました! 寒かった!

建築のために掘り出した石の、採掘跡がさらに建築空間になってるのが面白いです。

いろんな撮影なんかにもよく使われているみたいです。

 

資料館の外にオサレなカフェ&雑貨屋さんがあったので入ってみました。

お土産を物色してお茶しました。ガレット美味しかった。

 

帰り道、すぐそばの公園に、大谷石の巨大な仏が出現!!

 

合掌。

 

さあ今晩は宇都宮で餃子だ〜!

駅の東側のホテルに宿泊だったので、ホテルから徒歩で宇都宮餃子館へ。

 

しそ味が美味しかった! 家でもやろう。

 

運転お疲れ様でした。

| 旅行 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
鳥取

ゴールデンウィーク最終日2日間で鳥取旅行をしました。

 

先月母と妹がバス旅行で「水木しげるロード」に行く予定だったのが

最少催行人数に達しず中止になってしまった、との事で、

私も子供たちをいつか鳥取砂丘に連れていきたいと思っていたので

じゃあGWにみんなで両方行くか!って事になって。

 

 

ゲゲゲの鬼太郎はあんまり知らなかったので、行きの車でDVDを観て予習しました。

 

目玉のおやじは饅頭になってました。

 

水木しげるロードが想像以上に長距離で結構疲れました。

ブロンズ像の数もすごかった! お金あるなぁ。

 

駅前の海鮮丼の店で昼ご飯を食べて、次の目的地へ・・・

 

 

好きな人ならこの裏表紙分かるんだよね?

顔出しパネル的なやつです。

 

私は全然通ってこなかった道ですが、

名探偵コナンの作者、青山剛昌さんも鳥取出身らしく

うちの妹が大ファン、長女がややファンってことで

「青山剛昌ふるさと館」という所に行ってみました。

 

子供たちと妹は、体験型ミュージアムも見学しました。

辺鄙な場所なのに、ここだけすごくたくさんの観光客がいてびっくり!

 

 

この日は、もう少し鳥取砂丘の寄りの、日本海からすぐの温泉旅館に泊まりました。

| 旅行 | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
関西国際空港着

私たちがヘルシンキから乗った飛行機は

旅行5日目の、朝10時頃関西国際空港へ無事に到着。

 

そう、帰国はセントレア着の便が取れなかったのです(泣)

 

もう1日延泊すればセントレア着便があったのですが、

請けている仕事の都合でどうしても月曜日に帰国しないといけなかったので

旅行代理店に、延泊するのと同じ追加料金を払って

関空着便を取ってもらったのです。

 

 

それでもどうしても行きたかった今回の旅行。

 

自分の好きな音楽やファッションのルーツがロンドンにあると思っているし

いろんなものがミックスされてるけどだれのマネもしていない

パリの若者の現代のサブカルチャーも大好きなので、

どっちの街も若い時に貧乏旅行はしてるんだけど、

普段から両街の旅のガイドブックはベッドサイドに置いてあって、

寝る前にペラペラ見て、子供の心が柔軟な内に家族で行きたいなあ、

でも1週間も休み取れないよな・・・とここ数年思っていました。

 

 

今年、私は40歳になるんだけど、そろそろ人生折り返しだな〜、と。

死ぬまでにやりたい100の事をそろそろやっていかねば、と

去年くらいから思いついて密かに実行しているんだけど、

今回の旅行もその一環といえばそうかな。

 

 

子供たちも今、つかの間の全員小学生期間なので今しかない!と思って

もう「休みが取れない・・・」とか言って諦めるのはやめよう、と

執念で5日間の休みをむりくり見つけて、

じゃあパリ?ロンドン?

 

テーブルのすぐ近くに地球儀や日本地図を置いていて、

いつでも、話題に上がった場所を確認できる様にしてあって、

普段からよく、テレビでやっている国内外の

芸術や文化、仕事、料理などを紹介する番組をいろいろ録画しておいて

休日に家族で見てはあれやこれや会話している我が家ですが、

・・・ロンドンめっちゃ今のうちの家族みんなの

趣味、興味、ムードに合ってるんじゃない?

って気付いて、速攻ネットでツアーを探して即予約しました。

 

 

という事です。

 

 

ちなみに関空から名古屋までは「関空レール&バス特割切符」を利用しました。

 

事前に近鉄名古屋駅でこの↑切符は買ってあって、

空港からのバスが近鉄上本町駅に着いてから、特急券を買い足して

丁度お昼だったのでお弁当を買ってアーバンライナーで帰りました。

 

スーツケースが大小合わせて3つ+5人なので、

名古屋駅からはタクシー2台かな・・・と思ってたら

最新の、トヨタのポルテみたいな形のタクシーが

丁度目の前でお客さんを降ろしていて、

無事そのタクシー1台で家まで帰る事ができました〜。

 

 

日本の中にもまだまだ行ってみたい所が沢山あるので

家族のムードを察知して、いい時期にまた行けたらいいな〜。

| 旅行 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
London Calling ④

今日はホテルの朝食が、時間の都合で頂けないので

昨日買っておいたサンドイッチやパイやタルトを食べました。

 

部屋のヒーターの吹き出し口が丁度上向きでいい高さにあったので

その上にパイやタルトを乗せておいたら良い感じに温まりました。

 

早朝6時にはホテルをチェックアウトしました。

 

 

最後に、2日間のタイトなスケジュールの私たちにっとて

頼もしい存在だったチューブさんと記念撮影。

 

創業当時と同じトンネルを今も使っているから、あんなに狭いんだね。

昨日の交通博物館でいろいろ学びました・・・

 

 

早朝だったけど、スーツケースを持った、空港へ向かう人が結構乗ってました。

 

 

長女は早速マーチンブーツを履いていたのですが、

ヒースローの手荷物検査ではブーツの人はみんな脱がされていました。

中に何か隠し持ってるかも知れないから?

 

 

入国審査も済んで、免税店で最後のお土産タイム。

クレジットカードとポンドを合わせて、ポンドを使い切りました。

 

ヒースロー空港って広い! 

搭乗ゲートがギリギリにしか発表されないのに53番ゲートって遠いよ〜。

 

 

さよならロンドンの街。さよならイングランド。

 

 

この後、乗り継ぎのヘルシンキの空港で1つ期待していた事が・・・

それは免税店で ittala の食器を買う事!

 

家族の人数分、5枚セットで欲しいのがあるんだけど、欲しい色が廃盤で、

もしかしたらと思いこの時まで、別の色を買うのを見送っていたのですが・・・

 

私たちが乗り継ぎに降り立ったターミナルには ittala のお店は無かった(泣)。

おとなしくこちらで別の色を買おうと思います。

| 旅行 | 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
London Calling ③

1月6日。ホテルで朝食を満腹頂き、1つとなりの駅まで15分程お散歩。

 

ロンドンの横断歩道の渡り方が良くわからない。信号は急に3カウント始まるし!

 

行く途中の小さな公園にも普通にリスが♥ 一生懸命なにかを探している。

 

何だかスゴい建物が見えて来た。

 

セントパンクラス駅。250年くらい前に出来た駅舎だそうで、ビッグベンと同世代。

でも今日のお目当てはお隣の・・・

 

キングスクロス駅! 中に入り奥にずんずん進んでいくと・・・

 

ありました〜! 9と3/4番線プラットフォーム!From ハリーポッター。

10人くらい並んでたかな〜? マフラーは貸してくれます。メガネはパパの。

 

 

このフォトスポットはグッズショップの外でやっているオプションなので、

スタッフのお姉さんが写真を撮ってくれて、ショップの中で購入できます。

別に買わなくてもいいんだけど、せっかくなので記念に買いました。

 

「この魔法使いを見ませんでしたか?」

 

 

駅舎の外に一度出て、地下鉄の「KingsCross/St.Pancras」駅から乗車。

車両に他にだ〜れもいなかったのでパチリ。

 

 

「SouthKensington」で下車して数分歩いた所にある

ロンドン自然史博物館に行きました!

 

こちらの立派な入り口は閉鎖されていて、

東側の小さなエントランスの前に、もうすでに人の列が出来ていました。

10時オープンの20分くらい前でした。

 

 

そうそうこの階段! あの番組↓に出てくるやつ!

 

イギリスの国営放送BBC製作の「Andy`sDinosaurAdventures」

日本でDVD化されていて普通にレンタル屋で借りれるんだけど、

うちの息子が3歳くらいの時から、きょうだいでみんなでよく見てる大好きな番組。

雑なCGと強引なストーリーが、ツッコミ所満載で逆にウケてるみたい。

 

主役のアンディがいつも、タイムトラベル出来るワープ時計の所に向かう時

このホールのあの突き当たりの立派な階段を駆け下りて来るのです。

番組ではいつもこの首長恐竜が映っているのですが・・・

 

今は首長恐竜の骨格ではなくシロナガスクジラ?の骨格が吊られていました。

 

 

この博物館も入場無料だったんだけど、けっこう見応えがあって

次のスケジュールもあるので恐竜コーナー以外は駆け足で見学しました。

 

体験コーナーはスルーせずにはいられない。

 

最後にまたお土産屋さんを物色して、

ホールのベンチで、昨日パブでお持ち帰りした大量のポテトと、

結局持ち帰ったハンバーガーやバナナケーキなどをさくっと食べて

来た駅に戻って次の目的地へ・・・

 

 

 

「CoventGarden」で下車し、ロンドン交通博物館へ。

ロゴの看板と整列用のベルトのピンクがリンクしてておしゃれ!

 

最初、エレベーターで3Fに上がるのですが、

エレベーターの表示が2000年代からどんどん1800年代になっていくのです。

タイムマシーンで200年前のロンドンにタイムスリップするっていう演出。

 

 

馬が引いていた頃の二階建てバスや、

世界中で一番最初に出来たロンドンの地下鉄が、いくつかの時代別に

車両と、中にその時代のファッションをしたマネキンと共に展示してあって

なかなか面白かったです。

 

 

 

今回の旅行では、実際にはダブルデッカーには乗らなかったけど

ここでいろんな時代のやつにたくさん乗れました。

 

ここでも最後にお土産屋さんを物色して

その後博物館の目の前の、コヴェントガーデンを少しウロウロしました。

 

コヴェントガーデンはマーケットスクエアになっていて、

露店や大道芸人も目立ち、名古屋で言ったら大須みたいな感じ?

 

かわいいジェラート屋さんがあったけど寒すぎて食べれなかった。

 

そしてここから5分くらい歩いた所にあるDr.マーチンへ。

 

旅行の少し前に長女が「まま〜マーチンブーツ知ってる?」って質問して来て

「何でそんなの知ってるの!?」って聞いたら

「マーチン風ブーツ」ってのが流行ってて雑誌に載ってて欲しいそうで。

 

じゃあせっかくだからロンドンで買うか! って事になって

 

想像以上に中がお客さんでごった返していました。

よく見ると、ロンドンの町中はマーチンの靴を履いてる人がすごく多いです。

 

結局長女がジュニアの1460の8ホールを、主人が8053の5ホールを買いました。

スキンヘッドのパンクなお姉さん優しかった・・・

 

20年くらい前、私もロンドンのどっかのマーチンで靴を買ったんだけど、

その時も、ピンクの髪をしたパンクなお兄さんが優しかったのを良く覚えてます。

 

 

この後、Marks&Spencer という洒落たスーパーで紅茶をたくさん買って

地下鉄に乗り込みました。

 

昨日パブで早々に息子の電池が切れてしまった事を教訓にし

この日の夕飯はテイクアウトしたものをホテルの部屋で食べる事にしました。

 

 

16時くらいに一度ホテルに帰って荷物を置いて、

ホテルの近くの、今度は Waitrose という素敵なスーパーに行って

お土産をはじめ、食料をいろいろ買い込みました。

 

 

ビールは、ダッチーのが丁度良いサイズだったみたいで。

 

 

ダッチーはチャールズ皇太子の、オーガニックのオリジナルブランドで

Waitrose には、ダッチー× Waitrose の商品がいろいろありました。

どんぐり?みたいなマークが目印。

 

BonneMamanのとろけるプリンみたいのが売ってて思わず買ってしまいました。

塩キャラメル味を買ったんだけど、美味しかった!

 

 

丸っと2日間ロンドンの街をあっち行ったりこっち行ったりして、

私たちなりに存分に楽しみました。

 

 

名残惜しいけど今日の夜は荷物のパッキング作業。

 

息子に自然史博物館で買わされた、動物の解剖模型もスーツケースに納めました。

 

M&S でもWaitrose でもオリジナルの紅茶をおみやげにたくさん買いました。

自分も、それらのお店の紅茶の味見をしてみたかったし、

F&Mとかの高級な紅茶はお土産の定番だけど、日本のデパートで買えるし・・・

 

翌日は朝6時にはチェックアウトする予定。

| 旅行 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
London Calling ! ②

1月5日。ホテルで朝食を済ませて8時前には出発!

 

ホテルの最寄りの地下鉄の駅「RussellSquare」から

「KingsCross/St.Pancras」駅へ。

線を乗り換えて「TowerHill」駅で下車。

 

雨上がりの薄暗いロンドンの朝。

駅から目的地まで間違えて大回りの道を歩いたら、

いつのまにかタワーブリッジの上にいた!

 

ピースサインはやめて、ロンドンの「L」サインでパチリ。

テムズ川の船に乗る為に、この川沿いをピア(乗船所)までてくてく・・・

 

私たちが今回乗るのは公共の「テムズクリッパー」という定期船。

地下鉄と同じオイスターカードで支払えます。

 

子供たちの分は乗り場にあるマシーンにてチケットを購入。

チケットマシーンにお金を入れる所はなく、クレジットカード対応オンリー。

暗証番号が分からなかったらアウトです。

 

 

対岸は近代的な建物がずらり。

 

ここでワイワイ写真をとったりしながら船を待っていると、

黒人のおばちゃんの職員さんが来て、やたら心配してくれて、

「あんたたちどこ行きたいの!?」とか「チケット買ったの!?」とか

たくさんお節介やいてくれました。ありがとう。

 

ここ「Tower」ピアから私たちは「Westminster」ピアまで移動しました。

この橋はあのドラマに出て来たとか、あの建物はあの映画に・・・など

今回は行かない対岸の名所を、地図を見ながら船上から見学。

 

 

「Westminster」ピアで下船して、

ロンドンアイをバックにウェストミンスター橋から。

少し前までは世界一の大きな観覧車だったけど、いまはもう違うらしい。

 

 

ここも同じ橋のたもとからの反対側のショット。

そう世界遺産、国会議事堂の時計塔ビッグベンは残念ながら改修工事中。

これじゃあピーターパンもひと休みできないね。

 

5分ほど歩くと、次の目的地、ウェストミンスター寺院に到着。

 

コレはネットから引っ張ってきた画像です。

手前がビッグベンで、奥がこちらも世界遺産ウェストミンスター寺院です。

 

ウェストミンスター寺院の入場チケットも、

オイスターカードを購入したサイトで事前に購入しておきました。

ダウンロードしたページをプリントアウトした紙をチケット売り場で提示します。

 

中は写真撮影できないのでこの画像もネットからのものです。

 

日本ではまだ平安時代だった千年以上前、

石を材料に、広くて高くて美しい建物を作るにはどんな構造にしたらいいか?

試行錯誤の結果ヨーロッパ人はすでにこのような答えを出してたんだな。唖然。

 

英国王族やダーウィン、ニュートンなどの墓を始め

いろんな人のお墓がたくさんあってなんかすごかったです。

息子は「ゾンビいるかな〜?」とか言って怖がっていました。

ゾンビとミイラがごっちゃになってる。

 

 

ウェストミンスター寺院でおトイレを済ませて、

セントジェームスパークの南側の道路をバッキンガム宮殿までずんずん進みます。

歩きながら、公園内のリスを何匹も見つけてみんなで大はしゃぎ。

 

 

バッキンガム宮殿の衛兵交代が始まっていました。

びっくりするくらい、いろんな国の観光客がたくさん集まっていました。

 

この時は、警護に当たる警察官も馬に乗っていて、かっこよかった!

 

 

バッキンガム宮殿前のロータリーでUターンして、

今度はさっきの公園の反対側の道を進みます。

宮殿の正面から真直ぐにのびる「ザ・マル」という道。美しいです。

 

トラファルガー広場の近くのパブでひと休み。

THE LORD MOON OF THE MALL」というチェーン店のパブ

子連れでも嫌な顔されない店を事前にリサーチしていたらここに行き着いたので。

 

ランチをしようと思っていたのに、12時前はまだブレックファーストタイムで

事前に調べて食べようと思っていたパブめしがオーダーできなかった(泣)

 

仕方なく適当なものを注文しましたが、ビールが飲めたので良かった。

パブでビールを飲むのも今回の旅の目的の1つだったので・・・

 

 

パブからすぐの所にあるトラファルガー広場で記念撮影。

戦争に勝った記念碑が建ってる広場で、ロンドンのへそ的な場所だそうです。

ロンドンの街を舞台にした映画によく出て来ますね〜。

 

トラファルガー広場にある地下鉄の駅「CharingCross」から再び地下鉄に乗って

途中で乗り換えて「BondStreet」駅で下車し裏路地を進み

「ウォーレスコレクション」という美術館へ。

 

「ウォーレスコレクション」は、主人の仕事仲間の方が、

ロンドン在住中アンティークの家具の仕事をしていた時、

よく行っていたオススメの場所との事で、是非行ってみる事に。

 

 

200年程前の侯爵のプライベートコレクションなんですが、スゴいものが沢山!

外部の展覧会などに持ち出し禁止な為、ここでしか見られないものばかりです。

中にはレンブラントやルーベンスの絵画なんかもあるのに、

なんと入場無料なんです。

 

っていうか中世の甲冑や武器の数がえげつなかった。完全にマニアだよね・・・

緻密な装飾の家具もたくさんあって、すごい見応えでした。

 

同館内のこちらのティールームも合わせてオススメとの事で行ってみました!

 

スコーンと紅茶のセット「クリームティー」を注文したかったんだけど、

こちらもアフタヌーンタイムにはまだ30分程早くオーダーできず・・・

 

仕方なく、紅茶とデザートを別々に注文しました。

 

でもイギリスでよくホームメイドされるってEテレでベニシアさんが言っていた

キャロットケーキがメニューにあったので注文してみました。

バタークリームもスポンジもフワフワで美味しかった!!

 

美術館を出たら、本日最後の予定、ショッピングタイム。

子供たちには20£ずつおこずかいをあげていたので、

オクスフォードストリートのお菓子屋さんやお土産屋さんで各々何か買ってました。

 

ここは東京で言う所の銀座みたいな感じかな?

高級デパートとファストファッション店と高級ブティックがひしめき合ってる所。

 

リージェントストリートにさしかかって、

リバティープリントで有名なリバティーデパートでウィンドウショッピングした後、

ハムリーズという夢の様なおもちゃ屋さんにしばし滞在しました。

 

 

ハムリーズおじさん?がお出迎え。

 

6階分くらい全部おもちゃ売り場で、

各階で実演販売みたいのを店員さんが熱心にパフォーマンスしてました。

 

息子はなんか手品グッズみたいのを買ってました。

 

外に出た頃にはすっかり暗くなっていて、

クリスマスのイルミネーションがライトアップされていました。

 

リージェントストリートを歩き切って

「PiccadillyCircus」から地下鉄に乗りホテルへ帰りました。

 

ホテルの1Fにあるパブでお昼の仕切り直し。

主人とカウンターで料理を注文して席に戻ったら息子が・・・

 

 

飲んだくれていた、訳ではなく、時差ぼけでZZZ・・・

 

普段の感じで注文したら、4皿中3皿に山盛りポテトが・・・だよね。

ポテトはほとんど袋に入れてお持ち帰りしました。

フィッシュ&チップスは外カリ中フワで美味しかった!

 

次女がハムリーズで買ったのは、ミスタービーンの親友のテディ。

 

子供たちが大好きなMr.ビーン。その親友のテディ。

今まで何度も、ウェブショップで注文して誕生日にあげようか迷っていたので

ハムリーズで見つけた時は「コレ買いなよ!衛兵の格好をしていてレアだよ!」と

「しかもセールで安くなってるよ!」と強引にススメてしまいました。

| 旅行 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
London Calling ! ①

1月4日。金山からミュースカイでセントレアへ。朝9時頃に到着。

 

フィンエアーのカウンターでチェックインして、

搭乗口の近くで現金をいくらかポンドに両替しました。

 

11:55発、フィンランド航空AY080便で、

フィンランドのヘルシンキ、バンダー空港へ出発!

約10時間の空の旅です。

 

 

ナプキンや紙コップがいちいちマリメッコでなんか嬉しい♥

私らはエコノミーだけど、

ビジネスクラスはマリメッコのスリッパとかポーチとか付いてるみたい。

機内販売で購入可らしいよ。

 

 

ヘルシンキでブリティッシュエアウェイズに乗り継いで

日本時間の27:30頃ロンドンのヒースロー空港に上陸!

UKの現地時間では18:30頃。

最初の飛行機でずっと映画&ゲーム三昧だった息子はZZZ・・・

 

出国手続きをして、スーツケースを5分ほど引っ張って

そのまま直結の、地下鉄「Heathrow Terminal1,2,3」駅へ。

 

地下鉄のチケットは、事前に30£チャージされた「オイスターカード」

という名前のプリペードカードをココで購入。国際便で届けてくれます。

 

10歳以下は無料で、11歳から15歳は子供料金です。

一番上のお姉ちゃんのだけ券売機で子供料金の切符を買いました。

 

ホテルの最寄り駅の「Russell Square」駅は

空港から乗り換えなし・・・でしたが1時間弱くらいかかったかな?

 

ていうか都心から地下鉄で1時間弱の所に国際空港があるってすごい。

 

「Russell Square」駅からホテルまで徒歩3分でしたが、

初めて家族でロンドンの街に出た、興奮の3分間でした。

 

 

この日は日本から持っていったフリーズドライの雑炊を食べて、

シャワーを浴びて、翌日の手袋と帽子を準備して寝ました。

長い1日でした・・・

| 旅行 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
避暑地へ

in軽井沢!!

車を降りた瞬間みんなで口を揃えて「すずしっっ!」。

8月4日、正午を過ぎた頃なのにさすが避暑地。最高!

 

旧軽銀座で美味しいものをたくさん買い込んで・・・

 

夕方頃、本日の寝床、ライジングフィールド軽井沢へ到着。

 

手前がダイニング、奥が寝るスペース。

 

この日は調理はせず、買って来たものをカットして焼いたりしてっていうディナー。

というか、それが今回の旅の最大の目的でもある。

 

野菜や信州牛のステーキ肉やチーズは、

地元の素敵なスーパーマーケットで買いました。

地元のビールはキャンプ場に売っているのを買いました。

 

バゲッドは旧軽のフランスベーカリーで買いました。

 

ソーセージとハムの塊も旧軽の腸詰屋で、

ピクルスも旧軽の軽井沢フードマーケットで買いました。

 

 

どれもこれも全部美味しくって、一晩でペロリと平らげました。

本当に幸せな時間だったなー・・・

 

 

朝食のパンは昨日、浅野屋で朝食用に買い込んだものです。

腸詰屋のソーセージも昨日の夜とは違う味のもの。

 

 

 

軽井沢から2時間程掛けて、この日は蓼科まで移動。

途中で昼食をとり、午後からはフォレストアドベンチャー蓼科にてアスレチック!!

やっと子供たち全員が小学生になったので挑戦です。

 

しっかりと説明を聞いて、準備万端。

パパは長女と上級コース、ママは下2人と初心者コースへ。

 

 

上級と初心者コースは、高さが全然違います。

 

全員、念願のジップラインも体験して、しっかり遊んで大満足でした。

 

この日は、ここから車で30分くらいの所にある

リゾートインステラというペンションに泊まりました。

 

ここのペンションはディナーもモーニングも、

子供も、大人と変わらないメニューなところが良かった!

 

子供だからお子様ランチでいいでしょって感じで、

いつもミニハンバーグと海老フライとポテト・・・っての、みんな飽きてるはず。

家族全員でおいしい料理に舌鼓を打つ事ができて良かった!

 

 

朝食もしっかりと頂きました! クラムチャウダーも美味しかった!

 

 

ペンションをチェックアウトして、車でちょっと行ったところにある白樺湖へ。

2人乗り自転車などをレンタルして、白樺湖の外周をサイクリング! 爽やか!

 

 

この後は、白樺湖から諏訪湖方面へ移動して

事前にリサーチしておいた そばのさとでお昼を食べました。

たしかにウマかった。

人気のお店の様で、オープンしてすぐ満席になっていました。

 

そしてその後は旅の締めに、諏訪湖畔にある 片倉館 で温泉に入りました。

国の指定重要文化財になっていて、

映画の撮影にも使われている不思議な温泉でした。

 

片倉館のすぐそばに タケヤ味噌の工場があって、たまたまお祭りをやっていて、

無料でお土産付きのクジを引かせてくれたり、

豚汁をたべさせてくれたり、ラッキーでした。

うちは豚汁をよくやるので、

タケヤ味噌が豚汁用にブレンドした味噌を買って帰りました。

 

 

あ〜、軽井沢涼しかったし、食べ物もおいしかったなー。

また行きたいな〜。

 

 

| 旅行 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>