CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 春分の日 | main | 花見BBQ in 半田運動公園 >>
ありがとう
新卒で入社してから出産する直前まで5年半働いていた、
雑貨の企画と、雑貨店や飲食店経営を主とする
半田のミルキーコークという会社の
創業者で社長でもあった、木下幸男氏が亡くなったと
3月23日の朝、友人から電話がありました。

1人目が生まれた時に一度子供を見せに
木下さんの陶芸の工房にお邪魔したのですが、
それから数年後に会社が倒産してしまって、
それからなかなか会う機会がありませんでした。


私にとって木下さんは、
何かをクリエイトすることで誰かを喜ばせられる素晴らしさ、
それを考える奥深さと面白さ、そのやり方を教えてくれた人です。

そんな木下さんの魅力を聞きつけて、
将来自分で商売をしたいという野望を抱いた若者が、
ミルキーコークにはたくさん集まっていました。
私もその一人でした。
本当に本当に、面白い人たちの集まりでした。


会社が倒産したのは誰のせいか? 
など、空しさと怒りと寂しさの結果が皆の関係を乱し、
その後木下さんと疎遠になってしまった人も多かったようですが、
私の参列した通夜には、たくさんの「後継者」たちが
私と同じく「ありがとう」を言いに久々に集まっていました。


帰りの車の中で主人も言っていました。

62歳で亡くなって、やり残した事はあるかもしれないけど
通夜に集まったあれだけたくさんの若者が、
現に今も木下さんの会社でやっていた事を受け継いで
それを何らかの形で「生業」にして生きている。
木下さんの一番の願いは叶ったんじゃないかな。と。


葬儀場で流れていたお別れフォトライブラリーで、
奥さんと4人の娘や息子に囲まれて微笑む木下さんは、
幸せそうでした。

たくさんの刺激といい出会いをありがとう!

花を持ったミホさんが退社する時に、
ごく一部のメンバーで木下さんと撮った記念写真。
ミホさんの右隣の私のお腹には珠季が入ってます。


ああ・・・なんだかすごく寂しいです・・・。
| - | 20:09 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
はじめまして。
このプログを読ませていただき、涙がでてきました。
僕も、木下幸男さんにいろいろと感動や知恵を頂いた一人です。
その思いをいまだ引きずり生きています。
本当に感謝です。
| 田中 | 2016/07/07 2:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yomeblog.studio-patch.com/trackback/810225
トラックバック