CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< NAGOYA HAWAIAN FES 2018 | main | 東別院〜大須 >>
「天皇中心の国づくり」ツアー

日帰りで、奈良の「平城宮跡歴史公園」へ行きました。

平城京の復元工事が着々と進んでいる公園です。

 

いつか訪れたい思っていた場所でしたが、

長女が6年生になり日本史の授業が始まったのをきっかけに行ってみる事に。

今ちょうどこの辺りを勉強中・・・

 

という事で、奈良時代へタイムスリップ、スタート〜!

 

ここの駐車場に車を停めて、すぐ隣の資料館から時計回りに、

  ↓                 四角で囲んである箇所を 順番に巡っていきました。

 

第一次大極殿                                 東院庭園

 

「第一次大極殿」「東院庭園」ではボランティアの方が説明をしてくださったので、

色々な事が分かって興味深かったです。

 

当時はもちろん材木は全て手で削り出していたので、

目につくところの材は全て、手工具仕上げ風になっていました。細かい!

 

9時に見学をスタートし、朱雀門広場のカフェに着いた時は

12時を回っていました。3時間!!

暑くてくじけそうになりましたが、

子供たちはスタンプラリーを完成させたくて頑張りました。

 

「天平うまし館」内のカフェのご飯のメニューはうどん中心でした。

柿の葉寿司も食べました。

 

カフェのある建物のすぐ裏手には

遣唐使を乗せて唐まで渡った船が復元してありました。

こんなに小さかったの!?とみんなでビックリ。

 

ここからみんなでまた、初めの資料館へ戻って、無事にクリアファイルを頂いて、

ボランティアのおばさんたちに「頑張ったね〜」と褒められご満悦。

 

第一次大極殿がプリントされたレアなクリアファイルを見る度に思い出して欲しい。

家族で暑い中めっちゃ歩いたな〜と。

 

この後は、時代を少しさかのぼって飛鳥時代に栄えた明日香村へ。

 

高松塚古墳は小さな古墳ですが、何が凄いかっていうと、

日本中の古墳で、中に描かれた壁画が残っているのは、

この高松塚古墳と、すぐ近くのキトラ古墳だけだそうなんです。

 

古墳のすぐ隣の資料館で、復元資料を見ることができました。

 

私が興味を抱くのは、その時代の人々の「美意識」です。

 

 

うちはデザイナーさんから注文を受けた特殊家具を作る仕事をしているので、

普段から制作するものも多種多様で、私も少しお手伝いをしながら

様々なデザイナーさんの「美意識」を日々垣間見ているのですが、

本当に十人十色で面白いんです。

 

そういう美意識ってどこから来るのかな〜ってよく思います。

 

その色、形にした理由って何なんだろう?

美意識のDNAが自分達に受け継がれているとしたらルーツは?など。

 

どんな時代にも、素敵なものを身につけて、素敵なものに囲まれて生きたい、

という欲望があって、そういうのを時代ごとに知っていくのは楽しい。

 

 

高松塚古墳から車で5分の所にある「飛鳥宮跡」へ・・・

 

蘇我入鹿が、中野大兄皇子と中臣鎌足に殺られた場所とされている。

ここから「大化の改新」が始まった!

 

この後、またすぐ近くの「水落遺跡」というマニアックなところに寄って

明日香村を後にしました。

 

そんな所行く人いるの? とお思いの皆様、私たちもそう思っていたんですが、

意外に明日香村の遺跡巡りをしている人が結構いました。

 

 

奈良の締めくくりに、天理駅前の「コフフン」という

古墳をモチーフにデザインされた遊び場に寄ってあげました。

 

 

 

 

たくさん歩いて疲れてると思いきや、ここで汗だくになるまで遊んでました。

すごい体力!

 

 

帰りの車の中のBGMは、前日にレンタル屋で借りてきた、レキシの「レキツ」!

 

「小野妹子が男だって、僕は構わない〜♪」

「縄文土器、弥生土器、どっちが好き? どっちもドキ♪」と

みんなで歌いながら帰りました。

| お出かけ | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yomeblog.studio-patch.com/trackback/810549
トラックバック